信頼できる美容外科(脂肪吸引・豊胸)を大阪で探す。

美容外科を探す

美容整形に関するコンテンツ

二重整形、二重まぶた

鼻整形、隆鼻

豊胸手術

脂肪吸引

まず美容外科へ相談を!脂肪吸引、豊胸

二重まぶたにする二重整形は痛いかどうか

二重整形をする場合に気になることが痛いかどうかだと思います。二重まぶたにするためには、埋没法、切開法、部分切開法と種類がいくつかあり手術方法によって痛みが異なります。

一番痛みがあるのが埋没法のように縫うだけでなく部分切開法のように部分的に切るだけでない、全体的に切る必要がある切開法だと考えられます。

特に脂肪を取り除く量が多ければ多いほど手術後の腫れは大きくなります。しかし基本的には手術中は麻酔をしているので痛みはさほど感じないと思います。

また終わったあとも痛み止めの薬や塗り薬もしっかりと渡してくれるので、安心して大丈夫です。

二重整形の術後のケアの仕方

二重まぶたの術後のケアの取り組み方については、それぞれのクリニックの医師の経歴や患者の状態などに左右されることがあるため、カウンセリングの時間を利用しながら、多方面の情報を仕入れることがおすすめです。

近年では、二重整形の対応が優れているクリニックに関して、ネット上でしばしば話題となることがありますが、同世代の人からアドバイスをもらうことが良いでしょう。もしも、二重整形の費用の相場や施術の成功率について知りたいことがあれば、患者へのサポートが行き届いているクリニックを見つけることが大きなポイントとなります。

美容整形手術による二重整形の跡

美容整形手術による二重整形の跡を気にして、美容整形に踏みきれない人は少なくありません。そんな人に知ってほしいのが、美容整形手術による二重整形の跡はほとんど目立たないということです。もちろん、メスを入れる整形手術の場合には肌にキズを付けることになります。

そのため、多少のキズがついてしまうことがあります。しかしながら、他人からは全くわからないほどの小さなキズなのです。自分では見えてしまうため、どうしても気になってしまうことがあるのですね。周囲の人からはわからないので、安心して整形手術を受けるといいでしょう。

美容整形の二重整形「全切開」のデメリット

数ある美容整形の中でも代表的なのが、二重まぶたをつくる二重整形ではないでしょうか。美容整形は東京や大阪などにある美容外科で受けることができます。二重整形の中でも最も効果が高い方法が全切開です。

希望のラインをメスで切開して二重のラインをつくるので、他の方法に比べて腫れが強くなり引くまでに時間がかかるのがデメリットです。行うならば、手術日も含めて一週間程度の休みがあると安心です。

また、目を大きくしたいあまり自分の顔に合わない場所にラインをつくってしまうと、いかにも整形をしましたという顔になってしまいます。自分の顔に合った二重のラインをつくるのが全切開の手術成功の秘訣です。

二重整形の注意点について

長年、一重まぶたに悩んでいる人にとって、二重整形は有効な手段であることがあげられます。二重整形をのぞむ人のなかには、埋没法を希望する人も大勢いすでしょう。埋没法であれば費用も時間もかからず、やり直しも可能ですので試しに施術を受けたいと思うでしょう。

しかしながら、手軽にできる埋没法においても施術が向かない人もいます。まぶたの脂肪が硬く厚い状態の人です。そのような人が施術を受けると後に医療用の糸が切れてしまい、一重まぶたに戻ってしまうケースが予想されるそうです。施術を受ける前に自身に適した方法をドクターと話し合い、おこなっていくことが良いでしょう。

二重整形で二重になろう

若い世代を中心として二重になりたい人は大勢いますが、そのような人たちが試みるのが、アイプチやアイテープで二重を作成する方法です。毎日の手間や肌への負担を考えると長期的に使用するのは、現実的ではないことがあげられます。

そのような場合には多くの研究がされ、安全性も高くなってきている二重整形をおすすめします。整形と聞くとハードルは高くなってしまいますが、二重の整形であれば時間も短時間ですみ、費用や身体への負担も軽いとされていますので、整形がはじめての人でも比較的手軽に施術を受けることが可能になるでしょう。

二重整形、二重まぶた関連

トップへ戻る