耳鼻咽喉科の専門医の年収は、平均で約1,558万円とされています。ただし、年収は地域や勤務形態、経験年数、勤務時間などにより変動します。

耳鼻咽喉科の専門医の求人については、全国各地で多数募集があります。求人情報は、医師専門の求人サイトや転職エージェントを活用すると詳細な情報を得られます。また、非公開求人も多く存在するため、転職エージェントの利用が有効です。

なお、具体的な求人情報や詳細な年収情報は、時期や地域、施設により変動するため、最新の情報を求人サイトや転職エージェントから直接確認することをおすすめします。また、年収交渉の際には、自身のスキルや経験を考慮に入れることが重要です。具体的な交渉方法や転職活動のアドバイスについては、転職エージェントがサポートしてくれます。

耳鼻咽喉科専門医になるには

1. 医師免許を取得する

耳鼻咽喉科専門医になるためには、まず医師免許を取得する必要があります。医師国家試験に合格し、6年間の医学部を卒業することで医師免許を取得できます。

2. 初期臨床研修を修了する

医師免許を取得後、2年間の初期臨床研修を修了する必要があります。初期臨床研修では、内科、外科、小児科など、様々な科を回り、医師としての基本的なスキルを身につけます。

3. 専門研修を受ける

初期臨床研修修了後、4年以上の耳鼻咽喉科専門研修を受ける必要があります。専門研修では、耳鼻咽喉科に関する専門的な知識と技術を学びます。

4. 専門医試験に合格する

専門研修修了後、専門医試験に合格する必要があります。専門医試験は、筆記試験と口頭試験で構成されています。

5. 日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会に入会する

専門医試験に合格後、日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会に入会する必要があります。

専門研修カリキュラム

耳鼻咽喉科専門研修カリキュラムは、以下の通りです。

  • 基幹施設での研修:6ヶ月以上
  • 連携施設での研修:原則として各施設で3ヶ月以上
  • 関連施設での研修:1年以内

専門医試験

専門医試験は、年に1回実施されます。合格率は約80%です。

その他

耳鼻咽喉科専門医になるためには、上記以外にも様々な要件があります。詳しくは、日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会のホームページをご覧ください。

https://www.jibika.or.jp/modules/search_specialist

参考情報